□ はじめにお読みくださいmOm □
かぎしっぽ作品お買いあげありがとうございます。

4月中頃のWindowsアップデートでIEの仕様変更をされてしまい、いままで問題無く使用できたタグでJavaやFlash等が直接操作出来なくなりました
Windows2000環境が大多数のかぎしっぽメンバーのPCでも一時警告頻発してました。
特にWindowsXpだとアクティブ化操作をしないと下のようなコメントがしつこく表示されてしまう訳です。
追記0610:なんか最近警告がなくなったぽいのですが僕のPCだけでしょうか?

現状Windows Updateで何時またIEが仕様変更されるか判らない状況ですのでどこまで手を打って良いのか判断に困っています。
IE専用とはいえ有る程度は他のブラウザでも遊べるようにしておいた事が仇になった形です(M$め〜o(T~T)o
特に音声付きソフト「nukunuku-ASUMI-」「朔月の森艶聞」はWindowsXpだと洒落にならない状態になることもあります。
ダウンロード販売という形態上そう頻繁に変更する訳にもいかない為にご不便をおかけしています。mOm
そこで「nukunuku-ASUMI-」「朔月の森艶聞」がとりあえずプレイに支障の無い程度に警告表示が出ないようになる修正ファイルを作ってみました。

以下のファイルをダウンロード後下記の変更方法にしたがってファイルを上書きしてください

■注意 ☆必ずお読みください☆ 注意■
○手持ちのノートPC(WindowsXpSP2)で確認するとまったく警告はでないのですが他の人のだとメニュー画面などで1〜2つ出る事も有るようです。
○修正変更すると元には戻せません。
○変更時の操作や操作ミスによるファイルの消失や欠損は補完できません、ダウンロード購入したオリジナルやダウンロードした修正ファイルは別途バックアップを取っておくことをお勧めします。
○修正するとInternetExplorer以外のブラウザでは音声・音楽を鳴らすことはまったく出来なくなります。
○最も一般的だと思われるWindowsの設定状態を想定しています、ご使用のPCでカスタマイズされた設定やセキュリティソフトによる動作障害はご使用者の責において対処をお願いします。


■ 修正の仕方 ■
nukunuku-ASUMI-を例に取ります(朔月の森艶聞も同様構成です、読み替えてください)
A まずこちらのファイルをダウンロードして解凍してください。ダウンロード場所は任意でOKです、デスクトップでも構いません。
nukunuku-ASUMI- 朔月の森艶聞 朔月の森艶聞2 朔月の森艶聞パッケージ版
asumi_r.lzh 420kb saku_r.lzh 132kb saku2_r.lzh 133kb saku_pkr.lzh 345kb  
B
ダウンロードしたファイルを解凍すると「asumi_r」フォルダの中に「html」という名前のフォルダがあらわれます。
つぎにnukunuku-asumi-製品本体を開きます
C
ダウンロード購入で解凍した本体(フォルダ名は任意です、これでは「ぬくぬく」になっています。)の「asumi」フォルダを開きます
D
Bの「asumi_r」内「html」フォルダを「asumi」フォルダの中にコピーします。
ドラッグドロップでも構いませんがなるだけコピーにしてください。
ムーブ(移動)は避けてください。
☆重要☆
ここで「同名の「html」フォルダがある」と警告が出ます。
全て上書きを選択してください。


沢山上書きしますが正常ですのでご安心ください(ぬくぬくは327ファイル上書きします)
以上で修正は完了です。あとは普通にindex.htmlをクリックしてあそんでください
「asumi_r」は修正完了後は不要です
※パッケージ版の方へ
CD内の全ファイルを任意名の新規フォルダにコピーしてから、修正の仕方Aから順に修正作業してください。
朔月の森艶聞パッケージ版の場合は朔月の森パッケージ版用の修正ファイルを入れてください。

■ Flashアニメ再生時にアクティブ化を促すダイアログが出た場合 ■
ダイアログはでますがアニメ自体は止まらないはずなので、気になる方はとりあえずクリックしておいてください(^^;)
アニメ上にカーソル持って行かない場合はそのままでも問題無いはずです。
もしアニメが止まるような症状がでる方いたらご連絡ください。


☆なお、こんなのが出る方は
巷ではM$の嫌がらせでは無いかと噂の(苦笑)警告です
「設定」ボタンを押すとMacromedia(Adobe)のFlashセキュリティページに飛びます。
「グローバルセキュリティ設定」という画面のラジオボタンを「常に許可」にしてブラウザを閉じ、FlashPlayer(又はブラウザ)も一度閉じ再度起動させると二度と出ないはずです。
(リンク単位に出る場合もあります、同じダイアログが出た場合は同様に設定してください)


○あまり役に立たない知識
JavaScriptに関する警告はローカルHDD内にあるアクティブコンテンツに出ますので(本当の警告目的は違う筈ですが)ネットワーク経由だと殆ど出ることは有りません。
LAN接続したPCやNAS(LAN接続の外付けHDD)などでもドライブ割り当てしておけば、そちらから起動すると警告が出るのがぐっと減ります。LAN接続HDDやPCを複数台お持ちの方は試してみてください。

■ Windws(特にXp)関連でJava等の警告関係は今後も出来る範囲で少しずつでも改善していきたいと思っています
  今回の修正で特に改善が見られない等の方は下記メールアドレスまで情報お寄せくださるとありがたいです。 
  ただし、新作を 制作しながらの対応になりますのでお時間はご猶予ください、あらかじめお願いします。
メアドはスパム防止のため画像です
戻る
inserted by FC2 system